ハウスダストアレルギー記事一覧

一口にハウスダストアレルギーと言っても、原因となるアレルゲンにはいろんな種類かあります。ハウスダストとは、溜まる塵のことですが、埃、塵、ダニ、ダニの死骸、動物の毛、ふけ、垢、食べかす、繊維のくずなどが混じり合っています。

ハウスダストアレルギーになってしまったら、どのような治療方法を行なえばいいのでしょうか。まず最初に、ハウスダストの何がアレルギーを引き起こしているのかを調べることから始めます。

ハウスダストアレルギーであるかどうかを調べるために、どのような検査が行われるのでしょうか。ハウスダストアレルギーは、血液検査を行ってアレルゲンを特定することかでできます。

近年、住宅の気密化が進むにつれ、ハウスダストアレルギーになる人が増えています。室内にダニやカビなどが繁殖しやすい環境になっているということです。ハウスダストアレルギーになると、くしゃみや鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出る他、ひどい場合にはアトピー性皮膚炎や喘息など日常生活に支障をきたすこともあります。

喘息の原因の大半がハウスダストアレルギーだという報告もあるほど、ハウスダストと喘息は密接な関係にあります。ダニやカビなどのハウスダストが原因で、アレルギー反応として喘息の症状が起きます。病院に治療に行くと、抗アレルギー剤を処方してくれますが、何よりも大切なのは、ダニやカビを室内に繁殖させないことです。

アレルギー性鼻炎に悩んでいる人が、年々増えています。アレルギー性鼻炎は、食物やハウスダストが原因である場合が多く、一年中、鼻炎の症状が続きます。一口にハウスダストアレルギーといっても、アレルギーの原因となる物質にはさまざまなものがあります。

シックハウス症候群の原因の一つに、ハウスダストがあります。シックハウス症候群はホルムアルデヒドが原因だとよくいわれますが、ダニ・ホコリ・カビなどもシックハウス症候群の原因物質です。これは、ハウスダストアレルギーの原因となる物質と同じものです。

ハウスダストアレルギーの原因は、ダニの糞や死骸、ホコリ、ペットの毛などです。室内環境が悪いとハウスダストが増えるので、アレルギー症状を起こしやすくなります。ハウスダストアレルギーには、原因となる物質がさまざまに考えられるので、アレルギー症状の原因は何なのかを、早急にしる必要があります。

私達が毎日過ごす家、そこで快適に暮らすための住環境とはどのようなものでしょうか。現在急増中のハウスダストアレルギー患者ですが、その原因のほとんどダニやカビ、ホコリによるものです。最近の住宅は気密性に優れているので、ダニやカビが繁殖しやすいのが特徴です。

ハウスダストアレルギーであるかどうかは、病院で血液検査を受けるとすぐにわかります。ハウスダストアレルギーだと診断されたら、アレルギーの原因となっているダニの糞や死骸を室内から除去することが大切です。ハウスダストアレルギーになると、くしゃみや鼻水などの症状が起こりますが、一番辛いのは睡眠中です。

アレルギーマーチという言葉を聞いたことがありますか。アレルギーマーチとは、子供のアレルギーが成長するに連れ、まるで行進しているかのように症状が次々と移り変わっていくことをいいます。この言葉は、同愛記念病院小児科医長 馬場実医師が提唱して広まりました。

最近はペットブームで、たくさんの家庭でさまざまなペットが飼われています。ハウスダストアレルギーの原因の一つに、猫や犬などの毛がありますが、ペットの飼い主さんには辛い病気ですね。病院で検査を受けて、アレルゲンを特定すれば、ペットの毛が原因であるかどうかをすぐに知ることができます。

ハウスダストアレルギーはペットもかかります。ペットの犬や猫も、ハウスダストアレルギーにかかる場合があることをご存知でしたか?室内で飼われているペットの、ハウスダストアレルギーが増えているそうです。

ハウスダストアレルギーとは、ダニの死骸や糞などのハウスダストが原因で起こるアレルギー症状のことです。もともとアレルギーというのは、外敵から体を守る「免疫」の働きによって起こるありがたいけれども迷惑な症状です。ここ数年、年々アレルギー症状を持つ人が増えています。

ハウスダストアレルギーの人が妊娠すると、どうなるのでしょうか?妊娠したらアレルギーの症状が無くなったという人が約3割もいました。しかし、同時にアレルギーの症状が悪化したという人も3割いました。妊婦中にハウスダストアレルギーの症状が悪化した場合に困るのは、薬物療法が行えないことです。

inserted by FC2 system