MENU

アレルギー性鼻炎と漢方

アレルギー性鼻炎には、一年中アレルギー症状が起こる通年性と、特定の季節にだけ症状がでる季節性の2つの症状があります。

 

季節性アレルギー性鼻炎とは花粉症と呼ばれており、花粉が飛散する季節に症状が現れます

 

アレルギー性鼻炎を予防するためには、アレルギー反応を起こす原因となる物質を身の回りから取り除くことが大切です。

スポンサーリンク

しかし、100%除去することは不可能です。アレルギー性鼻炎の予防と同時に、漢方薬を使用して改善してみるのもいい方法です。

 

アレルギー性鼻炎に最も効果的だといわれる漢方薬は、「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」です。

 

小青竜湯は、くしゃみや、鼻水が止まらないといった症状に最適の漢方薬です。体の冷えを改善する働きがあるので体を温めながら、水分の代謝を促して鼻炎症状を抑えます。

 

小青竜湯は、中国の四神伝説から命名された漢方薬で、アレルギー性鼻炎や花粉症の初期症状を改善するのに使用されるケースが多い薬です。

 

アレルギー性鼻炎による鼻づまりの症状緩和には、葛根湯に2つの生薬を配合した「葛根湯加川辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)」がおすすめです。

 

葛根湯は、鼻を通す作用があり、さらに川と辛夷の2つの生薬を加えることで、頑固な鼻づまりの改善に効果的な薬として、古くから用いられている漢方薬です。

 

アレルギー性鼻炎を完治させることは難しいのですが、アレルゲンを取り除き、漢方薬を服用して症状を緩和させることができます。

白井田七.茶



inserted by FC2 system