MENU

アレルギー性鼻炎の薬

アレルギー性鼻炎の症状は、くしゃみや鼻水、鼻づまりを起こすことがほとんどなので、内服薬や点鼻薬などの薬で症状を緩和させます。

 

アレルギー性鼻炎用に市販されている内服薬には、抗ヒスタミン薬、血管収縮薬、分泌抑制薬などが配合されており、鼻水やくしゃみといった症状を改善します。

スポンサーリンク

鼻の粘膜に直接働きかける点鼻薬は、鼻水や鼻づまりの症状に速効性があります。

 

点鼻薬はすぐに効果が出るので人気がありますが、使いすぎるとかえって鼻の粘膜が腫れ、鼻づまりを引き起こすことがありますので注意しましょう。

 

点鼻薬は、鼻洗浄液として使用することもできます。

 

外出から帰ったときに花粉を洗い流すために使うと効果的です。

 

洗浄の方法は、鼻を吸いながら点鼻薬のノズルを鼻に入れて噴霧します。

 

片方ずつ噴霧し、その後かるく鼻をかむと花粉を取り除くことができます。

 

市販の薬は、病院で処方される薬に比べると効き目がおだやかで、アレルギー症状全般に効果があるように作られています。

 

市販薬を服用してもあまり効果が出ない場合は、病院で診察を受けて薬を処方してもらうほうがいいでしょう。

 

病院ではアレルギーの原因を調べて、もっとも適した薬を処方してくれるので、市販薬に比べてより効果が期待できます。

白井田七.茶



inserted by FC2 system