MENU

アレルギー性鼻炎のレーザー治療

アレルギー性鼻炎の治療方法の一つに、レーザー治療があります。

 

レーザー治療は、副作用もなく再発する可能性も低いので、レーザー治療を受ける人が増加しています。

スポンサーリンク

アレルギー性鼻炎は、薬物療法が一般的ですが、通年性アレルギー性鼻炎で、薬を服用しないと日常生活にも支障が出るほどの重症の人や、複数の花粉の抗原を持っていて春から秋までの長期間鼻炎の症状が続く人には、手術をすすめる場合が多いようです。

 

アレルギー性鼻炎のレーザー治療は、簡単な手術なので、入院せずに行えますし、その後の通院日数も少なくてすみます。

 

患者が子どもの場合は、10歳ころから手術を受けることが可能だということです。

 

レーザー手術は、鼻の粘膜に麻酔をしてから行い、所要時間は両鼻で20分程度です。

 

痛みを感じることもほとんどありません。

 

手術後は、鼻に詰め物をする必要もなく、術後の負担が少ないのも特徴です。

 

アレルギー性鼻炎のレーザー治療には保険が適用されるので、3割負担としても1万円程度の治療費で手術を受けることができます。

 

ただしこの治療方は永久的なものではなく、2年くらいたつと効果が薄れてきます。

 

そうなった場合には再度手術を行うと、効果を持続させることができるので、あまり心配する必要はないでしょう。

 

アレルギー性鼻炎のレーザー治療は、身体にも経済的にも負担が少ない治療方法です。

白井田七.茶



inserted by FC2 system