MENU

アレルギー性鼻炎の検査

アレルギー性鼻炎になってしまったら、耳鼻科などでアレルギー検査を行ったほうがいいでしょう。

 

アレルギーを起こす原因を知ることで、効果的に予防や対策ができます。

 

アレルギー性鼻炎の検査は、最初は問診で発症時期やどんな症状か、家族にアレルギー性鼻炎の人がいるかなどが調べられます。

スポンサーリンク

その後、鼻鏡検査や鼻汁中好酸球検査、皮膚反応検査、血中特異的IgE抗体検査、鼻粘膜誘発テストなどがおこなわれます。

 

鼻鏡検査は、鼻の粘膜の状態を調べる検査で、鼻鏡を使って鼻の中の状態を確認します。

 

アレルギー性鼻炎の症状では、粘膜が青白く膨張していたり、粘膜周辺に鼻みずがついています。

 

鼻汁中好酸球検査は、風邪の症状とアレルギー性鼻炎の症状を見分けるために行われる検査です。

 

鼻水を採取しておこなわれますが、鼻水に試薬を加えて好酸球の数値を調べて、アレルギー性鼻炎であるかどうかが診断されます。

 

皮膚反応検査は、アレルゲンを特定するためにおこなわれます。

 

抗原液を使用して皮膚に炎症が起こるかなどの反応をみて検査します。

 

皮膚反応検査を行なう場合は、他の薬を服用していると正確な結果がでないので、問診のときに現在服用している薬を具体的に医師に伝えるようにしましょう。

 

血中特異的IgE抗体検査、鼻粘膜誘発テストも同様に、抗原を特定する検査です。

白井田七.茶



inserted by FC2 system