MENU

アレルギー性鼻炎といびき

アレルギー性鼻炎は、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状があり、治療や予防を怠ると、日常生活に支障を来たすほど悪化することがあります。

 

アレルギー性鼻炎が原因で、寝ている時にいびきをかく場合も多く見られます。

 

いびきは自覚することが難しく、人に指摘されなければいびきをしていることに気がつきにくいものです。

スポンサーリンク

いびきをかいている人は熟睡しているように見えますが、実際にはいびきをかいている時は、気道がふさがっているので、空気の通りが悪くなり眠りが浅くなっています。

 

アレルギー性鼻炎の鼻水や鼻づまりが原因でいびきをかくと熟睡できず、知らないうちに睡眠不足になってしまいます。

 

いびきは、周りに迷惑をかけるだけではなく、本人の健康上にもよくありません。

 

毎日眠っているときにいびきをかく人は、熟睡できないため日中の集中力が低下し、突然眠気に襲われることもあります。

 

さらに精神的にも不安定になりイライラしやすくなります。

 

アレルギー性鼻炎の症状を改善することは、いびきをかきにくすることにつながります。

 

生活環境の見直しや、アレルギー性鼻炎の原因を突き止めて排除することが健康に暮らすためには大切です。

白井田七.茶



inserted by FC2 system