MENU

アレルギー性鼻炎について正しい知識を身につける

アレルギー性鼻炎の症状を改善したり予防するためには、アレルギー性鼻炎についての正しい知識を身につけることが大切です。

 

今までアレルギー性鼻炎は、大人がかかる病気だといわれていましたが、最近は子どもがかかるケースが増えており、発症者の低年齢化が目立って来ました。

スポンサーリンク

子どものアレルギー性鼻炎は、ハウスダストが原因になっていることが多く、年齢が上がるにつれて、花粉が原因で発症する人が多いという統計が出ています。

 

花粉症は、急に発症するのではなく、子どもの頃から毎年吸ってきた花粉の量が体内に蓄積され、ある一定の量に達すると発症します。

 

ですから子どもの頃はなんともなくても大人になってから花粉症の症状が現れることが多いのです。

 

花粉症未満の、予備軍も年々増えてきており、小学校高学年では4割以上の予備軍がいるそうです。

 

アレルギー性鼻炎と花粉症の違いは、アレルギー反応の原因である抗原の違いです。

 

アレルギー性鼻炎は、ハウスダストやペットの毛などのアレルゲンが一年中身の回りに飛散しているのに対し、一方の花粉症は、木や花の花粉が原因で発症するので、特定の季節だけ症状が現れます。

 

花粉症の抗原の大半はスギ花粉ですが、この他にもイネやカモガヤ、ヨモギなどの花粉も抗原になることがあります。

 

住んでいる地方によっても花粉の量が異なるので、症状の現れ方が変わります。

 

アレルギー性鼻炎や花粉症は発症してしまうと、そのままにしておいて自然に治るというものではありません。

 

けれど完治できないからといって、治療を怠っていると合併症を引き起こす原因になることがあります。

 

アレルギー性鼻炎の症状が現れたら、治療や予防をきちんと行いましょう。

白井田七.茶

アレルギー性鼻炎について正しい知識を身につける関連ページ

アレルギー性鼻炎の合併症
アレルギー性鼻炎といびき


inserted by FC2 system