MENU

アレルギー性鼻炎の合併症

アレルギー性鼻炎は、ある特定の物質に対して過敏に防御反応が起こるために、くしゃみや鼻水、鼻づまりといった症状が現れます。

 

からだの免疫システムと深い関わりがあり、風邪の合併症と似た症状です。

 

風邪とアレルギー性鼻炎の違いは、原因の違いです。

スポンサーリンク

風邪はウイルスが原因で起こるのに対して、アレルギー性鼻炎は、ハウスダストや花粉が原因で起こります。

 

アレルギー性鼻炎は、われわれの生活をとりまく化学物質の影響も大きく作用しており、ストレスや食生活、大気汚染が一因となって現れる現代病の一つとされています。

 

アレルギー性鼻炎は、子どもから大人まで年齢にかかわらず発症します。

 

特に小児喘息の子どもは合併症としてアレルギー性鼻炎を起こしやすいので注意が必要です。

 

アレルギー性鼻炎は、アレルギー体質の人も起こりやすく、発症の原因に遺伝が深く関わっていることも報告されています。

 

アレルギー性鼻炎は、アレルゲンを吸い込む量が少なければ、一生発症しない場合もあるので、アレルギー性鼻炎の予防が合併症を防ぐことに直結します。

 

近年は、花粉が原因のアレルギー性鼻炎(花粉症)にかかる人が増加しています。

 

特に都会に住む20代から40代の人が多く発症しています。

 

コンクリートで固められた都会では花粉が舞い上がりやすいのが原因だといわれています。

 

アレルギー性鼻炎は、身の回りからアレルギーの原因を取り除くことが大切です。

白井田七.茶



inserted by FC2 system