MENU

ハウスダストアレルギーは何が原因?

ハウスダストアレルギーは、どうして起こるのでしょうか。

 

ハウスダストとは、室内の塵のことです。

 

ハウスダストには、ダニ・カビ・動物の毛・人の皮垢・衣服の繊維・細菌などが混ざっています。

スポンサーリンク

その中でもアレルゲンとなるものの多くは、チリダニ(House dust mite)と呼ばれる、虫の死骸や糞です。

 

ハウスダストアレルギーの症状には、鼻水・くしゃみ・呼吸困難・喘息などがあり、悪化すると日常生活に支障をきたすほど辛い症状となる場合もあります。

 

アレルゲンは、血液検査で調べることができます。

 

今は症状を軽減させるよい薬や治療方法があるので、早めの受診をお勧めします。

 

治療も大切ですが、まずはダニが繁殖しづらい環境を作ることもとても重要です。

 

まずは室内の環境作りから始めましょう。

 

カーペットや絨毯はなるべく敷かずにフローリングにしましょう。

 

ソファは布張りより、革張りがお勧めです。防ダニ素材の布団が市販されているので、それを使うのもいいですね。

 

あとは、毎日の掃除とこまめな換気です。

 

空気清浄機を使うのもおすすめです。

 

ハウスダストアレルギーの主な原因であるチリダニを、いかに除去するかが症状の軽減に繋がるので、室内環境を整えるだけで症状がとても楽になる場合も多いのです。

 

検査や治療よりも、こちらのほうが優先事項だと考えていいと思います。

ハウスダストアレルギーに見られる症状

ハウスダストアレルギーの症状には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

ハウスダストアレルギーの原因は、家庭内で生息しているダニなどです。

 

特に梅雨の時期は、じめじめしているのでダニが活発に活動する季節です。

 

ハウスダストアレルギーの人は、梅雨の時期には特に、注意する必要があります。

 

アレルギーの原因は人によりさまざまなので、自分のアレルギーの原因が何であるのかを知るためには、きちんと検査することが大切です。

 

血液検査などでアレルゲンが特定できれば、それに対する治療方法もわかるので効率的に症状を改善させることができます。

 

ハウスダストで起こるアレルギー反応には、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎、喘息などが主な症状です。

 

同じハウスダストが原因でも、症状によって治療方法は異なリます。

 

適切な治療を受けるためにも、早めに診断をおすすめします。

 

埃っぽい所に行くと痒みや湿疹が出たり、息苦しくなる、一年中、鼻炎で鼻がぐずぐずするというような症状のある人は、ハウスダストアレルギーの可能性があるので、一度診断を受けることをおすすめします。

白井田七.茶



inserted by FC2 system