MENU

ハウスダストアレルギーによる鼻炎

アレルギー性鼻炎に悩んでいる人が、年々増えています。

 

アレルギー性鼻炎は、食物やハウスダストが原因である場合が多く、一年中、鼻炎の症状が続きます。

 

一口にハウスダストアレルギーといっても、アレルギーの原因となる物質にはさまざまなものがあります。

スポンサーリンク

ダニの死骸や糞、カビ、人の皮膚や動物の毛などさまざまなものがハウスダストには含まれています。

 

どの物質がアレルギーの原因になっているのかで治療法も変わってくるので、病院で検査してもらいましょう。

 

ハウスダストアレルギーによるアレルギー性鼻炎には、くしゃみや鼻水が止まらない・鼻詰まりなどの症状があり、日常生活に支障をきたすことがあります。

 

耳鼻咽喉科では、症状を軽減するための薬を処方したり、適切な治療を行なってくれます。

 

また、病院に行かずに市販薬を使って症状が良くなるケースもあります。

 

ハウスダストが原因のアレルギー性鼻炎は、まず原因となっているアレルゲンを室内から取り除くことが大切です。

 

ダニやカビがアレルゲンである場合は、こまめな掃除や布団の天日干し、空気清浄機を使用するなど、ハウスダストを溜めないように心がけましょう。

 

アレルギー症状のある人はまず病院で検査を受けて、原因となっている物質を特定することが大切です。

 

早めに医師の診断を受けることをおすすめします。

白井田七.茶



inserted by FC2 system