MENU

ハウスダストアレルギーと住宅環境の関係

私達が毎日過ごす家、そこで快適に暮らすための住環境とはどのようなものでしょうか。

 

現在急増中のハウスダストアレルギー患者ですが、その原因のほとんどダニやカビ、ホコリによるものです。

 

最近の住宅は気密性に優れているので、ダニやカビが繁殖しやすいのが特徴です。

スポンサーリンク

ハウスダストアレルギーの症状を少しでやわらげるためには、湿度の調節が大切です。

 

湿度が60%以上になるとダニの動きが活発になるので、換気を良くして湿度の調整を心がけましょう。

 

検査でアレルゲンがダニだと特定されたら、特に室内の湿度には気を付ける必要があります。

 

子どもがアレルギー症状を起こし、その原因がハウスダストによるものだとわかった時は、生活環境や家そのものの改善を考える必要があります。

 

こまめな掃除で症状は改善されますが、毎日アレルゲンを排除し続けるのは大変です。

 

そのため、ダニに居心地の良い環境を作らないようにすることが大切です。

 

絨毯やソファ・カーテンはダニが繁殖しやすいので、なるべく布素材のものを使うのはやめましょう。

 

ハウスダストアレルギーで治療を受けると、抗アレルギー剤を使って症状を改善するのが一般的です。

 

症状がひどい場合は別ですが、なるべく治療に頼らず、アレルゲンであるダニやほこりの除去を心がけましょう。

 

ユーカリオイルが使われたミストが市販されていますが、防ダニ効果や呼吸器を楽にさせる効果があるので、掃除が終わった後に噴霧するのもいいかもしれません。

白井田七.茶



inserted by FC2 system