MENU

ハウスダストアレルギーと室内環境の関係

ハウスダストアレルギーの原因は、ダニの糞や死骸、ホコリ、ペットの毛などです。

 

室内環境が悪いとハウスダストが増えるので、アレルギー症状を起こしやすくなります。

 

ハウスダストアレルギーには、原因となる物質がさまざまに考えられるので、アレルギー症状の原因は何なのかを、早急にしる必要があります。

スポンサーリンク

一般的なハウスダストアレルギーの原因は、ダニであることが大半です。

 

ダニは、温度が27度前後、湿度が70%くらいになると繁殖しやすくなります。

 

抵抗力が強い虫なので、冬でも活動しています。

 

ダニなど原因のハウスダストアレルギーになると、アトピー、鼻炎、結膜炎などの症状があらわれます。

 

病院での治療や検査も大切ですが、室内環境を整えることが症状改善への早道です。

 

現在の住環境は気密性が高く、絨毯・ソファ・カーテンといった布製品や観葉植物など、ダニやカビが発生しやすいのが特徴です。

 

このため、まず換気を行なうことが大切です。

 

換気に気を配り、こまめな掃除をして空気清浄機を設置するだけでも、症状は格段に緩和されます。

 

室内環境を整えても、まだハウスダストアレルギーが改善されない場合は、原因が別にあることも考えられるので、病院で検査を受けてきちんと治療を行ってください。

白井田七.茶



inserted by FC2 system