MENU

ハウスダストアレルギーとペット

最近はペットブームで、たくさんの家庭でさまざまなペットが飼われています。

 

ハウスダストアレルギーの原因の一つに、猫や犬などの毛がありますが、ペットの飼い主さんには辛い病気ですね。

 

病院で検査を受けて、アレルゲンを特定すれば、ペットの毛が原因であるかどうかをすぐに知ることができます。

スポンサーリンク

動物の毛は、目に見えなくても室内を舞い飛んでいます。

 

対処方法としては、ペットを手放すのが一番なのですが、そんな辛い思いをするくらいならアレルギーを我慢するという人も多いのではないでしょうか。

 

鼻水やくしゃみ、眼が痒くなるなどの症状が現れるハウスダストアレルギーは、薬による治療で、症状を改善させることができます。

 

アレルギー用の目薬や点鼻薬なども数多く市販されているので、このような薬を上手に利用して症状を緩和させましょう。

 

病院で血液検査を行うと、アレルゲンの特定だけでなく、自分のアレルギーがどの程度のものであるかを判定できます。

 

アレルギーの程度によって治療方法が変わってきますので、気になる症状があるのにまだ検査を受けていない方は、早めに受診しましょう。

 

また、これからペットを飼う予定の人は、事前にアレルギー抗体がないかどうかを検査をしておくことをおすすめします。

 

ハウスダストアレルギーにはさまざまな原因がありますが、ペットの毛だけが原因でアレルギー反応を起こすということは、まずありません。

 

ほとんどの人が、ペットの毛のほかに、チリダニなどのアレルゲンと併せた結果がでるということです。

 

ペットの抜け毛や室内に舞っている毛をできるかぎり取り除くことが大切です。

 

治療と平行して、こまめな掃除や洗濯、空気清浄機を使うなどの室内環境の改善を行なって、辛い症状を少しでも緩和させましょう。

白井田七.茶



inserted by FC2 system