MENU

ハウスダストアレルギーとアトピー性皮膚炎の関係

アトピー性皮膚炎は、年齢によって原因が異なります。

 

離乳期には食物が原因ですが、1歳前後のアトピー性皮膚炎はダニなどのハウスダストが原因である確率が高いといわれています。

スポンサーリンク

ハウスダストアレルギーによるアトピー性皮膚炎かどうかを判断するためには、病院での血液検査が必要です。

 

検査によってハウスダストアレルギーによる皮膚炎だと判明したら、治療を行ないながら、家庭でもできるかぎりの対処法を行なうことが大切です。

 

最近の住居は、気密性に優れているのでダニやカビが繁殖しやすくなっています。

 

そのため、年間を通して湿度と室温を下げることと、換気を行なう必要があります。

 

ハウスダストが原因のアトピー性皮膚炎ですと、ダニやほこりなどのアレルゲンの他に、皮膚の痒みで掻き毟ることによって、症状を悪化させてしまいます。

 

症状がひどくなる前に病院で治療や検査を受け、室内環境を整えて少しでも症状をやわらげるように気を配ってあげましょう。

 

幼児期のアトピー性皮膚炎は、遺伝的なものであることが多いので、家族にアレルギー体質の人がいる場合には注意が必要です。

 

病院での検査と治療を受けながら、家庭ではハウスダストを取り除くように努めましょう。

白井田七.茶



inserted by FC2 system