次世代ゲーム機のハード戦争

次世代ゲーム機のハード戦争

ソニーが昨年2014年にPS4(プレイステーションフォー)を発表しました。

 

マイクロソフトも昨年に次世代機を発売すしました。

 

任天堂も数年前、WiiUを発売し、今年の年末には3社とも次世代機が発売され次のステージにゲーム業界も進もうとしています。

 

スポンサーリンク

 

しかし今までの状況とゲーム業界もかなり変わっています。

 

ソーシャルゲームの台頭で家庭用ハードより気楽にスマートフォンで遊ぶ形が定着してパソコンを廃棄しました。

 

WIIUに関しては発売開始から売上がかなりの苦戦を強いられています。

 

北米においてはPS3のハードの半分以下にまで落ち込み早くもテコ入れや、戦略の見直しを強いられる状況にまで追い込まれています。

 

岩田社長も今年度の決算で、目標値を達成できなければ責任を取ると強い決意で取り込んでいましたが、現在の状況を一変するほどの秘策が隠されているように思えません。

 

サードパーティーのWiiUに対する取り組みの鈍さからこのまま沈没してしまう感じさえありそうです。

 

ソニーやマイクロソフトは性能の強化を売りにしているので、一定の成功は望めそうですがソーシャルゲームに流れた層を取り戻すほどの魅力があるのかが鍵となりそうです。

 

3社の次世代ゲーム機ハード戦争に今後も目が離せませんね。


inserted by FC2 system