MENU

子どものアレルギー性鼻炎の予防

子どものアレルギー性鼻炎は、遺伝の影響による発症が多く、親がアレルギー性鼻炎にかかっていると子供にも発症する確率が高いようです。

 

子どものアレルギー性鼻炎のアレルゲンはハウスダウトであることが最も多く、発症してしまうと治療が必要となりますが、こまめな掃除でアレルゲンを取り除き発症の原因を作らないことが大切です。

スポンサーリンク

もし子どもがアレルギー性鼻炎になってしまったら、原因となる抗原を取り除くように常に注意をして、症状を和らげてあげましょう。

 

ハウスダストが原因の場合は、ほこりやダニをためにくいフローリングの床に変更すると効果的です。

 

畳にカーペットを敷いたり、布製のソファーなどの使用も、ハウスダストの原因になるので控えましょう。

 

子どもが日常良く使うぬいぐるみなどのおもちゃは、こまめに洗濯し、清潔にしておくことも重要です。

 

アレルギー性鼻炎の原因の一つであるダニは高温多湿を好むため、部屋の温度を20〜25度、湿度を50%くらいに保つようにすると、ある程度ダニの発生を防げます。

 

ペットもアレルギー性鼻炎の原因になるので、室内での飼育は辞めておいたほうがいいでしょう。

 

外で飼育できないようであれば、飼育環境を常に清潔に保つようにし、寝室には入れないようにして飼いましょう。

 

アレルギー性鼻炎の原因が花粉であれば、花粉が飛散する時期は窓を開けないようにしたり、外出から帰ったときには衣服に付いた花粉をはらってから家に入るようにして、室内に花粉を持ちこまないように注意してください。

白井田七.茶



inserted by FC2 system