MENU

子どものアレルギー性鼻炎が増加傾向

子どものアレルギー性鼻炎発症率が年々増加傾向にあります。

 

命に関わる病気ではないものの、鼻づまりや鼻水、鼻のかゆみが気になって熟睡出来なかったり、集中力が衰えて勉強にさしさわりが出ることもあります。

スポンサーリンク

また鼻のかゆみや鼻づまりが気になり、鼻を触りすぎて粘膜を傷つけ鼻血を出してしまうことも多くなります。

 

乳幼児がアレルギー性鼻炎にかかってしまうと、鼻がつまるのでミルクをうまく飲みこめないこともあります。

 

子どものアレルギー性鼻炎は、症状を自分でうまく伝えることができないので見逃してしまいがちです。

 

なにかおかしいなと思ったら、耳鼻科の診療を受けてみましょう。

 

子どもが鼻をほじったり、いじることが多いようなら、アレルギー性鼻炎を発症している可能性が高いと考えましょう。

 

症状を悪化させないために、なるべく早めに診察を受けることをおすすめましす。

 

子どものアレルギー性鼻炎の多くは、ハウスダストが原因といわれています。

 

生活環境を見なおして、今以上に掃除に気を配りましょう。

 

アレルゲンを吸い込む量が少なくなれば、症状も和らぎます。

 

アレルギー性鼻炎は、自然治癒することはありません。

 

治療とアレルゲンを取り除くことがとても大切です。

白井田七.茶

子どものアレルギー性鼻炎が増加傾向関連ページ

子どものアレルギー性鼻炎の原因
子どものアレルギー性鼻炎の予防


inserted by FC2 system