MENU

子どものアレルギー性鼻炎の原因

子どものアレルギー性鼻炎の原因は、ハウスダウトによるものが大半です。

 

アレルギー性鼻炎の原因となる物質(抗原)を吸い込むと、体内で抗原を防御しようとするため、抗体という物質ができてそれを攻撃します。

 

しかしこの抗体が増え過ぎると、過剰反応を起こしてしまいます。

スポンサーリンク

抗体は、くしゃみや鼻水などで抗原を排除するようになり、アレルギー症状としてあらわれるのです。

 

以前は、アレルギー性鼻炎は子どもには発症しないといわれていました。

 

しかし最近では子どもでも発症するようになり、研究によって遺伝性が高いことが判明しました。

 

親がアレルギー性鼻炎を発症している場合は、子どもでも発症する可能性が高いといわれています。

 

子どものアレルギー性鼻炎は、食生活や生活習慣とも密接に関わっています。

 

欧米型の食事、ジュースやスナック菓子などの添加物が含まれたお菓子、夜型の生活、運動不足、このような生活習慣がアレルギー性鼻炎の症状を悪化させています。

 

親の生活習慣が乱れると、子どもの生活にも大きな影響を与えてしまいます。

 

アレルギー性鼻炎の症状を緩和させるためには、親子両方の日常生活を見直す必要があります。

 

子どもがアレルギー性鼻炎で苦しんでいるのを見るのは、親としてとてもつらいものです。

 

かわいい子どもが苦しまないためにも、アレルギー性鼻炎の抗原を身の回りから取り除くように気を配り、規則正しい生活とバランスの良い食事を心がけてあげましょう。

白井田七.茶



inserted by FC2 system