MENU

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎

 

アレルギー性鼻炎(Allergic rhinitis)とは、花粉やハウスダスト、ペットの毛などを吸い込んで、くしゃみや鼻水、鼻づまりどの症状を起こすことをいいます。

 

アレルギー性鼻炎は、初期は自覚症状がありませんが、じわじわ体内の抗体が増え、あるレベルを超えると発症します。

スポンサーリンク

アレルギー性鼻炎が進むと、結膜炎などを併発し、目が痒くなったり涙が止まらなくなるといった症状が現れて、日常生活にも差し支えるようになる場合があります。

 

アレルギー性鼻炎には通年性のものと季節性のものがあります。

 

通年性アレルギー性鼻炎は、ハウスダストやダニアレルギー、ペットアレルギーなどが原因で起こる場合が多く、季節性アレルギー性鼻炎は花粉が原因となるので、一般に花粉症と呼ばれています。

 

季節性アレルギー性鼻炎の人の大半は、スギ花粉が原因で発症します。

 

アレルギー性鼻炎は合併症を起こしやすく、子供の小児喘息のうち70〜80%がアレルギー性鼻炎の合併症が原因であると報告されています。

 

喘息やアトピー性皮膚炎は、大人になるにつれて知らないうちに治るケースが多いのですが、アレルギー性鼻炎は、自然治癒はほとんどありません。

 

アレルギー性鼻炎を発症した場合、早めに専門医に相談し、生活環境や生活習慣を見直すことが必要です。

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎の症状

 

アレルギー性鼻炎は、鼻アレルギーの一種、くしゃみや鼻水、鼻づまりを起こします。

 

鼻の粘膜が、アレルゲンに反応して引き起こされる症状で、鼻以外にも目が痒くなったり、頭痛が起こる場合もあります。

 

アレルギー性鼻炎は、初期は自覚症状がないので、知らないうちに症状が進行しており、体内の抗体がある一定の量に達すると自覚症状として現れます。

 

くしゃみや鼻水が起こるので、風邪と間違える人も多いようです。

 

アレルギー性鼻炎は風邪の症状とは違って、突発的に起こるのが特徴です。

 

アレルギー性鼻炎は、朝晩に症状が強く現れるケースが多いのですが、これは自律神経のバランスが朝夕は崩れやすくなりやすいためです。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、2つの神経がバランスよく働いて健康な体を維持しています。

 

しかし副交感神経は、アレルギー反応を引き起こしやすいという特徴があります。

 

睡眠中は副交感神経が活発に働くので、寝起にアレルギー反応が起こりやすいのです。

 

このほかアレルギー性鼻炎は、空気や部屋が乾燥する冬季に起こりやすいのも特徴です。

 

ストーブなどの暖房機の熱によってチリが室内に舞い上がり、それが原因で症状が悪化することもあります。

 

アレルギー性鼻炎は、生活環境や自律神経の働きと密接な関係があります。

 

症状が現れた時はすでにアレルギーが進行している証拠ですので、なるべく早く耳鼻科などの専門医に相談して、アレルギー検査を受けましょう。

白井田七.茶

更新履歴


inserted by FC2 system